ビタミンC誘導体の美容液がおすすめな選び方

ビタミンCが幅広い世代に人気がある理由は、シミやシワ、たるみなどの加齢による肌の悩みだけではなく、毛穴やニキビなどの肌トラブルにも効果を発揮するからです。

 

ビタミンC誘導体効果

 

 

メラニンの生成を抑え、既にあるメラニンを還元するため、シミ対策になります。そして、コラーゲン生成を促すので、シワやたるみにも働きかけます。

 

さらに、過剰な皮脂や活性酸素を取り除くので、抗酸化作用でニキビや肌の老化の悩みを改善してくれます。

 

 

しかしながら、ビタミンCは不安定で酸化しやすい性質を持っているため、美容液に配合しても皮膚に浸透しづらく、効能が実感できないという欠点があります。

 

そこで、誘導化という技術を使い、安定した状態で皮膚に浸透し、浸透してからビタミンCに変わる“ビタミンC誘導体”が生まれ、現在では様々なスキンケア商品に配合されています。

 

 

美容液によくあるアスコルビン酸グルコシドは選ばない

 

ビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性に加え、水溶性と油溶性を併せ持つタイプの3種類に分けることができます。

 

それぞれ異なる特徴を持つので、浸透性や作用によって使い分けられています。(詳しくはビタミンC誘導体の種類

 

ビタミンC誘導体種類

 

 

また、組み合わせて配合される場合もあります。中でもよく用いられているのが、ビタミンCに糖を結合して作られた“アスコルビン酸グルコシド”です。

 

安定性に優れていて、劣化もしづらいので使いやすく、多くの美白化粧品に配合されています。

 

 

ですが、最近の研究結果では、アスコルビン酸グルコシドが皮膚内でビタミンCに分解されないことが報告されています。

 

安全性が高く、使用感はマイルドですが、この成分が配合された商品の美肌効果は期待できないと言えるでしょう。

 

 

最新型のビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体の中で、最も注目されている成分が、パルミチン酸アスコルビル3NAです。

 

“APPS(アプレシエ)”とも呼ばれ、水溶性と油溶性を併せ持つ次世代型のビタミンC誘導体と言われています。

 

ビタミンC誘導体美容液

 

 

これまであったリン酸型のビタミンC誘導体にパルミチン酸を加えることで、高浸透が可能になり、真皮にまでビタミンCを届けることができます。

 

従来のものと同様に、シミ・シワ・たるみ・ニキビ・毛穴などの様々な肌トラブルに働きかけますが、APPSは浸透力が高いので従来の美容液以上の結果を肌にもたらすことが期待されています。

 

 

しかし、ビタミンC誘導体の効果が1番期待できる美容液として注目されているAPPSですが、『安定性にかける』というデータもあり実用化にはまだ時間がかかりそうなのです。

 

そこで私が辿り着いたのが、“Cセラム”という独自の技術で高濃度(7.5%)のピュアビタミンを肌の奥まで浸透できる美容液。

 

 

ビタミンC誘導体の美容液で重要なのはAPPSでも注目されている“浸透力”なので、この基準をクリアできてる化粧品であればオススメできます。

 

初回お試し価格を用意してるスキンケア商品も多いので、色々試したうえでアナタの肌にあった最強の美容液を見つけてみて下さいね。

 

 

⇒ 高浸透のビタミンC美容液トライアルセット

 

 

>>ハイドロキノンクリーム!市販で1番効果が高かいのは… TOPへ