市販のハイドロキノンは最高濃度4%

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニンの生成や、メラニンを生成する酵素チロジナーゼの働きを抑える作用があることから美白に効果的な成分として注目を集めています。

 

また、高い還元作用がメラニンの色を薄くするので、できてしまったシミの改善にも効果的です。

 

高濃度ハイドロキノン

 

 

ハイドロキノンは、非常に美白効果が高い成分ではありますが、肌に刺激を与えることがあり管理が難しいことから、以前は医師の処方のもとでしか使用することができなかったのですが、薬事法の規制緩和により2001年から化粧品にも使用することができるようになりました。

 

現在、厚生労働省が化粧品への配合で許可しているの成分量は4%までであり、4%濃度であれば購入が可能な市販クリームがいくつか販売されています。

 

 

高濃度のハイドロキノンはリスクも高い?

 

濃くなってしまったシミを早く改善したいので、より高濃度のハイドロキノンが配合された市販クリームを使用したいと思っている方も少なくはないでしょう。

 

確かにハイドロキノンを高濃度に配合した化粧品はシミの改善に効果的ですが、この成分は肌への刺激や負担が強いため、高濃度配合のスキンケア商品を使用すると、肌にピリッとした刺激を感じたり、炎症が起こることもあるので注意が必要です。

 

高濃度ハイドロキノン副作用

 

 

1%〜3%の濃度は、安全性も高く、肌トラブルが起こりにくいと言われているので、濃度が低くなる分即効性も低くはなりますが、私は、肌へのリスクも考慮して、美白に対する評判も良い1.9%の濃度のハイドロキノンクリームを使用しています。

 

浸透力が高い加工がされているのでしっかり効果がでますし、初めて利用する方は、これくらいの濃度から始めたほうがよいのではないでしょうか。

 

⇒ 私が使っている高浸透のハイドロキノンクリーム

 

 

高濃度でなくてもパッチテストは必須!

 

濃度が2%以下であっても、ハイドロキノンが配合された化粧品を使用するときは、必ず腕の内側などでパッチテストを行い、肌トラブルなど問題がないことを確認してから使用しましょう。

 

肌が弱い方や敏感肌の方は、ハイドロキノンの濃度が2%以下でも使用した部分に肌荒れや炎症が起こりことがあります。

 

高濃度ハイドロキノン市販

 

 

また、皮膚がメラニン色素を生成する働きを失うことで、肌の色が部分的に脱色される白斑が起こる可能性もあります。

 

一度白斑が起こると解消するまでに時間がかかり、完全に解消できない場合もあるので、必ず事前に安全に使用できるかどうかパッチテストを行うことが重要なのです。

 

 

万一異常が起こったときは、医師に相談し、濃度が低い化粧品でも使用を控えるようにしましょう。

 

 

>>ハイドロキノンクリーム!市販で1番効果が高かいのは… TOPへ